Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

自然の時間

この週末訪れた子どもたちの姿を見ながら
何かが浸透し、熟し、新たなものに成っていくための
自然の時間というものが
やはりあるのではないか…
そんなことをしみじみと感じました。

殆どの子が、レッスンのペースは1か月に1回程度
ナチュラリゼーションを始めて1年前後ですが
あるところで立ち止まったままであったような印象だった子も
ゆっくりだけど着々と歩を進めてきた子も
それぞれがスッと、次のフェーズの波に乗ったな
と思えるような変化が確かに感じられるのです。
それはレッスン中の動きであったりも
来た時点での立ち姿であったりもしたのですが
ああ、先月までと違うなと。

f:id:blissfultouch:20171125215830j:plain

今年1月の末からナチュラリゼーションを始めた小学生さん まだ伸びしろはありますが、ターンアウトがだいぶできるようになってきました。


写真の小学生さんも最初の頃、顎のワークの際に
肘立ちするのもままならなかったのが嘘のよう。

顎や手など上半身の機能から少しずつ育み直していく中で
ターンアウトにも自ずと変化が生じてくる。
やみくもに部分の可動域を求めるのではなく
自然の流れに沿った全体の調和の中で
個々に必要な時間をかけて少しずつ変わっていくという事が
大切なのではないかと思うのです。

 

本当に1年が経つのがあっという間ですが
子どもたちの成長を目の当たりにすると
重ねてきたことが少しずつ
でも、確かに根付いていることを感じます。


根を養っている間は、
地中の根の成長を見ることはできないけれど
やがて、芽となり表れてくる。

将来の花も楽しみではあるけれど
やはり、根を根として育む今の喜びを
子どもたちとの時間の中から授かっていることを
心から幸いに思います。