Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

2年目のハイハイ

今月のまつじゅん先生のレッスンで
最初にこのところ生じてきた変化の感触を
ちょこっとご報告しました。
実際のところ、話すまでもなく
動きやカラダを見れば先生にはわかるのでしょうけれど
どんなに小さなことでも
やはり嬉しい変化は話したくなる…
まるで子どもと一緒ですね(笑)

今月は新しいワークもやって
また、自分の中にない回路を発見したような
出来なさ加減に思わずウフフと笑いが生じてくる。
いえ、決して不真面目なわけでは無いのですけれど(^-^;
いろいろな「できない」に向き合っていく中で
今までに広がってきたものを思うと
また新たな可能性の糸口を見つけたような
ワクワクする気持ちの方が大きいわけです。

f:id:blissfultouch:20171119225335j:plain

指立てのワークは
出来栄えはまだまだ全然いただけない、やっとこさな感じですが
今回久しぶりにやってみたら、
3本指で10秒キープがなんとか続くところまでは
またしても、いつのまにか進展していました。
カメのような歩みでも
少なくとも3か月前↓と同じではなくて良かった(笑)
でもまだまだ、精進あるのみです。


ここ数週間の股関節の感触の変化は
ハイハイの際にもそれまでと違う動きの感触となって
表れてきているのを感じます。
それはテクニックとか、コントロールとかではなく
自ずと発露してくるような
やはり、気付いたら前とは感触が変わってきていた
としか言いようがない感じで(^-^;

1年目のハイハイと2年目のハイハイは同じではなかった。
そして、きっと1年後もまた。