Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

フォルムから感じること

昨夜は寝入りばなにまた足を色々動かしていて
皮膚の感触だけでなく
骨の動きをビジュアライズしているうちに
大腿骨のフォルムや、脛骨のフォルムを思い浮かべながら
形には意味があるとしみじみ思うところがありました。

膝から下、つまり脛骨は
そのフォルムが掴みやすく
粗面から前縁のラインを視認することもできますが
大腿骨はそれに比べてわかり難い。

でも、ダイナミックアーチを保って動かしている時に
より強くイメージが湧き上がってくるのは
膝下とは対照的に、裏側の粗線。

f:id:blissfultouch:20171107080454j:plain

人体解剖と描写法/ルイーズ・ゴードンより

表と裏で繋がる直線のライン
それを包むような螺旋のエネルギーのライン
そんなことを感じながら
Classic Human Anatomy in Motionのこの図を
再び思い浮かべた晩でした。

Img_4517

Classic Human Anatomy in Motion: The Artist's Guide to the Dynamics of Figure Drawing

 

 さて、今日はまた和泉多摩川と江の島で
ナチュラリゼーションなひと時です(^^)

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...