Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

虔しさ

降りしきる雨音に風の唸りが混ざり始め
自然の力強さを感じるこんな日は
この詩のように「虔しさ(つつましさ)」というココロを
思い出せるときなのかもしれません。

「つつましい」という言葉に
今は「慎ましい」という漢字が使われますが
ここでは「敬虔(けいけん)」で使われる
「虔」の字が用いられているのですね。

 

f:id:blissfultouch:20171029090726j:plain

倉橋惣三「小さな太陽」フレーベル館

 

「寸差」という言葉も今は余り用いられないように思いますが
「寸」という文字に「手」の意味があることを思うと
ちっぽけなヒトの尺度など捨てたまなざしが
そこに向けられていることを
感じ取ることができるように思うのです。

加速する、荒ぶるものの前では
それに追い立てられ、抗うよりも
時間をゆったり使えるのが良いのかもしれません。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...