Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

そのワークの本質は

昨日の和泉多摩川セッションで
前回まで顎のワークの際に
背中の力が抜けなかった方が
今回はいらした時から抜けるようになっていました。

初めての時にもお話はしているのですが
前回、「お口を開いていくワークですよ。」
と、改めてお話してみたのです。

初心者の方なら
カンブレでたくさん反れるようになりたい…
という気持ちがあったり
ベテランの方なら
反る動きってこういうものという
既に半ば無意識のうちにも生じる
動きのパターンがあったりして
案外、聴いているようで聴いていなかったり
見ているようで見ていなかったりすることが
やはり、あったりします。

ナチュラリゼーションのワークには
顎のワーク、手のワーク、肘を引くワーク
股関節くるくるなど
比較的シンプルな名前がついています。

例えば顎のワークで背中の力が抜けない
肘を引くワークで手に力が入ってしまう
そんな時は、ワークの名前を思い出してみると
良いのではないかと思います。

そのワークの本質は
そこに表れているのではないでしょうか?

f:id:blissfultouch:20171018110952j:plain


 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...