Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

【読書】風蘭 岡潔

今、再読しているのは
数学者として名高い岡潔氏の「風蘭」
思想家としての随筆も多く
今まで「春宵十話」小林秀雄氏との対談「人間の建設」など
いくつかの著書を読んだだけでも
その慧眼に感じ入ることが多々あり
教育に言及した、いくつかの言葉に
今、もう一度触れなおしたくて。

ここではごく一部だけご紹介させて戴くにとどめ
内容に詳しくは触れませんが
岡氏の考える「大自然の教育」についての章は
このような言葉から始まります。

大自然は人の子を生むだけではありません 。これを育てます 。これがほんとうの教育です 。人はその手助けをします 。これを人は教育といっていますが 、ほんとうは教育の手助けなのです 。

 

学校へ行くまでの子ども 、ましてごく小さな子どもは 、驚くべき速さでいろいろなものやことを学び取りますが 、どうしてそういうことができるかというと 、 「見える目 」でものを見て 「見る目 」を使わないからです 。

 

この本が講談社現代新書として刊行されたのは
1964年4月。(現在は角川ソフィア文庫)
古い本ですが、内田樹氏の解説も含めて
今なお読む価値がある1冊だと思います。

風蘭 (角川ソフィア文庫) 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...