Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

A Histry of Walking

オフの日に、少しずつ読むことを楽しんでいる
レベッカ・ソルニットのウォークス 歩くことの精神史

 

f:id:blissfultouch:20170906094527j:plain

 

「歩く」ということについて実に様々な切り口から綴られていて、
読むという行為の中で歩くという世界を縦横無尽に旅しているような気持ちになります。

f:id:blissfultouch:20170906094528j:plain

まだ読み始めたばかりですが
第3章の、楽園を歩き出て ー 二足歩行の論者たちというテーマも
とても面白い。

1991年にパリで開催された
二足歩行の起源についてのカンファレンスで
その当時に唱えられていた歩行に関する理論のすべてを
視野にいれたレビューについても
ざっくりとまとめて取り上げながら

仮説もここまで揃うと壮観だが、スターンとサスマンと話して以来、素人がそれだけ聞けば確定した事実と思ってしまうような事柄でも大きな解釈の幅があるという事に驚かなくなっていた。

とレベッカは綴ります。

・よっこらしょ仮説
・いないいないばあ仮説
・トレンチコート仮説
・ずぶぬれ仮説
・つきまとい仮説
・アツさにたまらず仮説
・二本足の方が四本よりよかった仮説

と、その壮観なる仮説の名前を見ているだけでも
何やら楽しくなりもするし、
「解釈の多様性」ということを
今一度考えさせられたりもします。


こんな風に活字の中から広がる「歩く」という世界を眺めてから
ガジェットを持たずに歩く。
カラダを感じ、風景を味わい、
歩いた先で出会う人と話す。

そんな時間が、今の私のもっとも贅沢な時間です。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...