Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

出来ない理由を探し集めるより

遠方の方からこのところ幾度かメッセージを戴き
じぶんの内にある能力を
行う前から、あるいはまだ日も浅いうちに
過小評価しているのではないかなと感じることがありました。
例えば、通信では限界があるのではないか…とか。

けれども、「限界」って
やり続けた上で感じられることだったり
見えて来るものなのではないかと思うのです。

通信には通信の良いところがある。
まず1番はそのペース、
少ないワークにゆっくり時間をかける進み方。
これは、私自身がナチュラリゼーションをやってきたり
また、日々皆さんにやって戴く中で
時が経つほどそのペースがやはり理想形だと
実感しています。
ゆっくりが大事とアタマでわかっていても
もっとゆっくりで良かったのだと
後になって体感するわけです(-_-;)
特に、最初の方の顎や手。

ダンスをなさっている方だと
やはりご自分の課題を下半身に感じている方が多く
最初に顎や手が大事と言われて
「大事なんだなー」とは思っても
つい、自分が気になっているところを
直接動かすワークとか
すぐに効果が感じられるものに一生懸命になりやすく
それまで余りフォーカスを向けてこなかった
手に関しては取り組みが文字通り手薄になる傾向が
少なくないように感じています。

ゆっくり過ぎる、取り組むことが少な過ぎる
そう感じる位でちょうど良いのかもしれません(笑)

もうひとつには、
ひとつのこと、少ないことに
じっくり時間をかけて取り組むことによって
取り組んできた部位と全体との関りを
体感することがよりしやすくなるように感じています。
個人差もありますが顎だけ、手だけをやってきたのに
違うところに変化が出てきているということに
小さな子でも気付くことが少なくありません。
そういう気付きも身体を全体的に捉える感性を
より自然に育むことに繋がっていくのではないでしょうか。

出来ない理由を探し集めて
行動しない間にも時は流れていきます。
行動しなければ、何も変わりません。
どう出来ないかを考えるより
どう出来るようにするか動いていきませんか?(^^)

f:id:blissfultouch:20170905092329j:plain

さて、今日は和泉多摩川からの江の島。
江の島は初めての方のレッスンです(^^♪


 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...