Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

手は面白い

3本指の指立て伏せがテーマの今月
まずは、ハイハイの際の手と肘を
よく感じながら丁寧に這うということと
先月もやっていた5本指での10秒キープや
先日まつじゅん先生が仰っていらしたことを
注意しながら3本指で荷重をしていくこと等を
あれこれ模索しながら行ってみています。

 f:id:blissfultouch:20170829132041p:image

 手を感じてハイハイ中。

 

まだまだ手は発展途上ですが
どうして、手にやり残したことがあるとダメなのか
手に集中して取り組むようになる前と現段階との
ハイハイの同じようなタイミングの写真を
見比べて戴くとわかりやすいかなと思います。

f:id:blissfultouch:20170829175312j:plain

例え肩甲骨がある程度動くようになっても
手や肘に硬さがあると、
やはりそれなりの動きしかできないんです(^-^;
つまり、先に進んでも伸び悩む(-_-;)

それはハイハイだけではなくて
日常の何気ない動作でも
ダンスのアームスでも
その制限がある分、どこかを代償させてしまったり
余計な力みを生じさせてしまったりして
機能的な動きを邪魔してしまうということをつくづく感じるので
しつこいようでも、やり残したまま進まないよう
最初の顎や手のワークをゆっくり丁寧に取り組んでいけるように
サポートしていきたいのです。

 

f:id:blissfultouch:20170829190730j:plain
まだまだ瞬間芸(^▽^;)

でも、こんな風に3本指の模索しながら、
時折「あれ?ちょっとだけカラダが軽くなった?」
という感触が生じる時の調和の感覚に
ふと先日江ノ島で気持ちよさをガイドに
久しぶりに行ってみたルティレ・バランスの際の
足のアーチと脛骨の感触や
その時の全身の調和の感覚とが重なり
ますます手と足は同じなんだなという実感が湧いてきて
手の取り組みが更に楽しくなりました。

www.blissfultouch.info

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...