Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

「安定」を揺さぶる体験

先日の江ノ島レッスンにご参加下さった方が
空間が変わることで感じ方も一旦リセットされ
どこか心もとなさ、確かさにかけるような感覚も味わうことができ
鏡を介した目からの情報で
修正、調整している普段とは勝手の違う感触や
特に地面が見えず目の前が空という眺めの中では
どこがまっすぐなのかわからなくなるような
小さな混乱も感じられたそうです。

でも、その後鏡の方に向いた時に
安心感を覚えると同時に
そのようなご自分を「私ってつまらないな(笑)」と
お感じになられたと仰る通り
小さな混乱という体験もまた楽しまれたようです。

時にはそんな混乱も
選択肢を欠いた、あるいは少ない「安定」を揺さぶり
身体との対話に広がりを持たせてくれるように思います(^^)

 

f:id:blissfultouch:20170802025716j:plain

そういえば、土曜日のレッスン中も一度
鳶が窓のすぐそばまで飛んできたのですが
その時、大野一雄氏のこの言葉を思い出しました。

目がこうあるでしょう。そうするとあなたの魂が目を通してすうっと外側のほうに出かけていく。すると外側のほうから、何か鳥のようなものが飛んできてて、魂の鳥のようなものが飛んでくる。そして魂のなかにすっと入ってきますか。そのために目が通りやすいようにしてありますか。目から鳥が入ってこようとしているときに、入ってこられるような目でやっていますか。いつも動作しながら、すっと入ってこられるように、すっとやらないとだめだ。
大野一雄『稽古の言葉』

「目を通してすうっと外側のほうに出かけていく。」
私はこの表現が好きで
江ノ島のスタジオで身体を動かすときは
自分の目もどこか、そんな通りの良い目になるような気がして
空と海の青が、自分の内側にも広がっていくかのような
スーッと心地よい浸透感の中で
身体や動きを感じる喜びがあります。

f:id:blissfultouch:20170802025751j:plain

春からスタートした和泉多摩川でのレッスンも
少しずつご縁の広がりがあり
8月後半には定期枠+αでスタジオをお借りして
3組の方のレッスンを行うような日も生じてきました。

場もゆっくり育っていくものですね。
江ノ島もゆっくり育てていきたい場です。