Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

空っぽの時間に

出歩くことが多かった7月最後の週末は
土曜の江の島レッスンと、
日曜はサロンで初めての中学生さんから
大人の方のレッスンが続き
明けてオフの今日は、サロンで薔薇のお手入れ。

f:id:blissfultouch:20170731203154j:plain

公私とも目まぐるしく
色々な出来事が続いた日々だったせいでしょうか
作業が終わって、急にすごく眠気が生じ
フロアに寝そべって
流れていく雲をボーッと眺めるような
ゆったりした隙間は久しぶりだなと
半ばウトウト気味に寛ぎながら
ふと、先日のレッスンでまつじゅん先生が
左足の外踝周りの皮膚の色について
指摘なさっていたのを思い出しました。

その時はあまり深く考えなかったのですが
そういえば、色としては自覚は無かったけれど
左の外踝周りだけ何となく皮膚の質感が変わったのは
4年ほど前にひどい捻挫をしたとき以来だなぁ…と思いつつ
寝転がったまま何の気なしに趾を色々動かしているうちに

「何でこんなことに気付かなかったんだ(-_-;)」

と自分に呆れるような発見があり
その後暫しリハビリ&お昼寝タイムとなりました(笑)


小さな動きだけれど
その「忘れられていた動き」が徐々に戻ってからの
歩く時の左足のしっくりとくる感触や
踝周りの皮膚の動く感じを味わいつつ
まつじゅん先生の言葉を思い出したり
ボーっと寝転がって無為に動かしていなければ
気付かなかったかもしれないなあと
空っぽの時間の大切さを改めて感じました。


そして、「言葉」の多くないレッスンだから
その「言葉」が残るのだろうと思うのです。


見えていないことはたくさんあるけれど
それに気付くのは
こんな風にフラットなじぶんを
隙間の中で取り戻した時が多いかもしれません。

 

 

f:id:blissfultouch:20170727174430j:plain
色とりどりの花火のような
ダリアの花も美しい季節です。

f:id:blissfultouch:20170727174410j:plain

f:id:blissfultouch:20170727174415j:plain

f:id:blissfultouch:20170727174556j:plain

f:id:blissfultouch:20170727174423j:plain

f:id:blissfultouch:20170727174401j:plain