Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

ナチュラルさの中にあるもの

最初はかえるのポーズはおろか
スパイダーの最初のかたちをとることすら
できなかったその子が
少しずつ「自分のカラダは硬い」という思い込みを手放し
顎や手のワークを中心に取り組み続ける中で
「やり続けていくと、変わってくる」ということを実感し
自分のカラダの見え方が変わり
小さな自信や希望や好奇心も芽生えてきます。



その週、少しお疲れ気味で
半ばまどろむようにやっていた股関節クルクルが
その2週間前とも、その日の中でも変わってきているのを
黙って見届けながら
手を育てることが主体の今だけれど
それでも、小さな子どもの股関節の動きが
自ずと変わっていくのを見守りつつ

「教える」ってナンダ?
「意識」ってナンダ?
と、つくづく思います。

「教える」ことや
「意識すること」が
悪いとか、不要だということではないけれど
それによって、零れ落ちていってしまう
ナチュラルさの中にあるものを
私たちは、もう少し信じてみても
良いのではないでしょうか。

f:id:blissfultouch:20170630113948j:plain

 

 


 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...