Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

アド

バラの園や旅
「いつか行こう」と思っていたことを
少しずつ実現しているこの頃ですが
先日、この秋、横浜の関内ホールで催される
狂言の舞台のチケットを購入しました。

鎌倉に暮らしている時分に能には少しだけ触れる機会がありましたが
狂言の舞台はまだ観たことがありません。
型の中で生まれる「笑い」を体験してみたいと思ったのと
所謂、身体操作だけでなく
息づかいのようなものに生で触れてみたいのです。

舞台を楽しむために
少し予習しておこうと狂言について調べたら
そこに「アド」という文字が。

主役の「シテ」に対する脇役のことで
語源は、受け答えをするという意味の「あどうつ」とも、
率いるという意味の「あどもう」ともいわれるそうです。

うちの犬は「アド」という名前ですが
保護犬なので来た時には、すでにそのように名付けられていて
誰にどういう由来でそう名付けられたのか不明でしたが
もしかしたら、そんなところからついた名前なのかなと
思ってもみたり(笑)
古い言葉に触れるのも楽しいです。

高校の古文の時間などは、眠気との格闘でしかなかったのに(笑)

当時、何の役に立つのだろうと考えていたような事が
やはり、人生の体験を豊かにする礎であったり
長い時代を経ても読み継がれてきたもの
残ってきたものの中に在る本質に触れていくために
必要な事だったのだと
歳を重ねるほどに思います(笑)

f:id:blissfultouch:20170525192202j:plain

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...