Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

見え方は大事だと、つくづく。

今朝、翻訳家の村井理子さんのエッセイを拝読して
あゝ、こういうことあるよなぁ…と
子育て中の我が身を思い出したりもしました(^^;)


ココロの問題かと思ったら
カラダの問題だった。
言ってくれればよかったのに…と思ったら
自分が聞き流していた。

でも、失敗に気付いたとき
ゴメンネを言える素直さが
やはり、自分も周囲も明るくしていくことなんですね。
それを言えて、そしてこんな風に表せる村井さんは
素敵だなと思います。

ヒトは多くの情報を視覚から得ている。
それが乱れることで
これだけのコトが起こるんですね。

そういえば、以前
どうしても首猫背の姿勢になってしまうお子さんがいて
目に問題は無いですか?とお尋ねしたら
実は眼鏡を持っているけれど
勉強の時しか使っていないということで
ちゃんと使うようにしたら
姿勢が変わってきたということもありました。

また、成長期ですぐ使えなくなるからと
大は小を兼ねるで選んでしまいがちな靴とか
身体の機能に直結してくるようなものは
それで本当に問題が無いか、注意が必要ですね。

f:id:blissfultouch:20170523082852j:plain

私も最近眼鏡を作り直しまして
運転用の眼鏡には
ZEISSのi.Scription®というレンズを初めて選びましたが
夜間の運転がとても楽になりましたし
やはり、見え方は生活の質にも
大きく影響すると実感しています。

これで舞台鑑賞するのが楽しみでもあります(笑)


さて、今日も和泉多摩川でレッスンです。