Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

グループレッスン考

iSTUDIOを定期利用したりするようになって
高校生以上の大人の方のグループレッスンについても
色々と検討してみたりはしているのですが
ひとつには「順序性」ということを考えると
随時入会とかオープンクラスいう形はフィットしないということもあり
行うのであればアカデミーのように
(そのペースは違うにしても)
期間を設定して最低1年は継続していくことを前提とするか
あるいは、個人セッション等である程度取り組んできた方を
対象とした形での少人数クラスが望ましいと思っています。

 

先にクラスを設定して、体験期間を設けて
というのが一般的なやり方なのだと思いますが
でも、グループレッスンなら安いから
体験期間があれば取り掛かり安いから…と
色々な意味での「安さ」を
その入り口に置くことで広げていくような形には
私自身が違和感を覚えるのです。

考え方によっては、それは不親切なことかもしれません。
でも、ハードルを低くする、利便性を図り
とっつきやすくする…ということが
必ずしも親切とも言えない面が
学ぶという事の中には、やはりあるように思います。

私自身が身体や動きに関しての学びの多くを
基本的に可能な限りパーソナルという形で進めてきたということもあり
今振り返っても、費用、距離、時間といった面で
ちょっと大変でも、まず取り組んでみようと
行動に移すまでがそのプロセスの一歩で
そこまで自分を持って行けたから
その先があったように思います。

それが良いとか、悪いとか
正しい、正しくないではなくて
その学ぶということへの感覚が近しい方とご縁が広がっていくことが
双方にとってHappyなことだと感じています。

 

だから、慌ててクラスを設けることをせず
鶴川のサロンより、少し都心よりの場所など
少しずつ「場」を広げながら広がるご縁の中で
個人セッション、あるいはセミ・プライベートセッションという形でも
ある程度ナチュラリゼーションをやってみて
なお、コンスタントに続けていきたいとか
グループで人の動きからも学びながら取り組んでいきたいというような
流れが生じてきて初めて
その方たちが続けていきやすい形を検討していくことが
一番自然かと感じていますし
そういう集いの場であればきっと
集う事によってお互いの体験が豊かになっていくという
私自身がグループレッスンに求めるものからも
ブレないかたちでクラスを運営していけると思っています。

ですので、今年はその流れを育む1年
私はそのように考えています。

f:id:blissfultouch:20170403094428j:plain

 

●iSTUDIOセッションのご予約
 ※5/19(金)19:15~20:45はご予約済みとなりました。

 

●鶴川のサロンのご予約

coubic.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...