Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

問いの答えがまたひとつ

今日は、調布のお教室のリハーサル日
こちらのホールに伺うのも2年ぶりでした。

f:id:blissfultouch:20170402203916j:plain

10時からスタートした
3グループのレッスンも無事終了。
小学校1年生から大人の方まで多くの皆さんと
ナチュラリゼーションのひと時を過ごさせて戴き
3本連続の3時間は楽しく、あっという間に過ぎていきました。

その後18時過ぎのリハーサル終了までの約4時間
皆さんの演技を拝見させて戴きましたが
本番がとても楽しみな素敵な作品でした。

 

前回も感じたのですが
就学前のキッズクラスの小さな生徒さんたちにも
先生やお姉さん達に頼らず
自分で考える、自分で準備する…
できると信じて自立を促すご指導がまた素敵でした。

ちょっとわからないことがあって
(おそらく忘れてしまったのか)
その小さな二人の子どもたちが
何かを先生に尋ねに来て
先生は丁寧にその問いかけに耳を傾けながらも
すぐ教えることをなさらず
「他のお友達が覚えているかもしれないからまず、訊いてごらん。
それでもわからなかったらまた訊きに来て。」
と、自分たちで解決することを促されます。

教えてしまえば早いかもしれない
でも、そこで子どもたちを信じて待つ。
その様子を拝見しながら
ナチュラリゼーションが
自然とそこに親和していくのは
やはり、その育むまなざしに
響きあうものがあるからなのだろうと
改めて感じました。

f:id:blissfultouch:20170402223103j:plain

そして、ある再開組の大人の生徒さん、
2年前の舞台の時も
講座にご参加下さった方の演技を拝見して
「あれっ?何か抜けたな…」と
その方のダンスがぐっとエレガントになっていることに気付いて
休み時間にちょっとお話してみたんです。

今回の講座はお仕事のご都合で参加できず
昨年11月に一度個人セッションにお越し下さったのと
久しぶりにご都合がついた先月は講座にいらしていたのですが
「実は、前回の講座が転機になったのです。」と
嬉しそうに仰って下さって
更にお話を伺うと
前回、ズリ這いの際に不要な背骨の緊張に気付き
それを抜いたとたんに、背骨がスーッと通る感じがして
それ以降、バレエのレッスンの中でも
その「抜けた感じ」で動くようにしてみたそうなのです。

 

11月に個人セッションにいらした際
「あと一息全体的にラクな私でいられないか…模索中。」
というメッセージと共にご予約下さったのを思い出し
ナチュラリゼーションを通じて
その問いの答えを見出されたのだなと
私もとても嬉しく思いました。


今月16日にも出張講座があり
それが舞台前では最後のレッスンになると思いますが
今日のリハーサルを拝見して
本番に向けてとてもよい流れが
そこに生じているように感じましたので
それを邪魔しないようなレッスンにしたいと思っています。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...