Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

制約が加わることで 生まれてくる動き

こちらの記事を読んだのがきっかけで、
今日はクライアントさんと
制約が加わることで生まれる動きについて
あれこれお喋りをしたりしました。

 

paper.artscouncil-tokyo.jp

ダンスのための衣裳と言えば
動きやすい事、表現に制約を与えないものと
その世界の中にいると
ダンスやダンサー中心に
つい、当たり前のように考えてしまう。

 

でも、その制約が加わることで
生まれてくる動きがある。
あえて、制約を加え
衣裳から作品の創造が始まるというプロセスもある。

もちろん、それを成し得るだけの
ダンサーの身体性や、コリオグラファーの創造性の豊かさが
あればこそだと思いますが
アタマはやわらかくしとかなきゃ…ですね(^^;)

 

f:id:blissfultouch:20170315140249j:plain

こちはファニー・エルスラー (Fanny Elssler)
1800年代のバレリーナです。

私個人的には
バレエの身体操作も、ももともとは
その前身となるバロ(Ballo)やバレ(Ballet)が生まれた時代の
衣裳の制約がある中でその礎が築かれてきたものだと思っていますし
ポアントシューズが生まれて
つま先立ちで踊るということも
ある意味では制約が加わることで
実現した表現なのではないかと思うのです。

それが生まれた背景を思うとき
脇を保つということと
その中で手足を自由に動かすという事の意味にも
少し違う角度からの理解も生じてくるのではないでしょうか。

そして、余り舞台経験のない時に
普段レオタードなど
動きを妨げないウェアを着て練習していたものが
それより伸縮性の無い、
場合によっては重い衣裳になった時戸惑うように
動きも呼吸の仕方も
何故それが求められるのかというところと
結びついてきたりもするのです。

 

 

naturalization-world.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...