読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

はじめに行為ありき

「はじめに行為ありき」

往復書簡をたどりながら

ふと、この言葉に目がとまります。

それは、まだしっかりと「読んだ」訳でなく

像を眺めるようにページを目にした時でした。

(私は、何故かまず、そういう読み方…眺め方?をします^^;)

記号、シンボルのように

飛び込んでくるといった感じで。

そう、言葉からでも

概念からでも

意志や意図、目的からでもなく

ただ、行為し続ける中で

生じてきた動きの感触

はじめは、言葉にも言い表せない

でも、確かにここに生じつつあると感じられるものに

少しずつ自分が捉える輪郭が立ち上がってくると

そこで初めて自分の言葉が追いついてくる。

前後の文脈を読んでいないので(笑)

この本の言わんとすることとはズレているかもしれませんが

ナチュラリゼーションで生じてくるものは

何か、そういう感触だな…と妙にしっくりきて

その日はそのページを閉じました。

Img_6669

そして

動きだけ、身体だけ、変わるわけもなく。

自分丸ごとが、変わろうとする訳でなくても

いつのまにか変わってしまっている。

それは、考え方、見方といった「~方」とか

パラダイムシフトといったものより

もっとベースのところで。

そこから

新しい思考も生まれてくる

そんな、感じです(^^)

そして、この本ではないですが

もうひとつ、記号のように飛び込んできた言葉。

私たち皆にとって最大の危機は、高きを目指し失敗することではなく
低きを目指して達成することである。(ミケランジェロ・ブオナローティ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...