Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

動かされることが無ければ、 身体はそこが動くことを忘れていく。

バレエでは体幹のKeep Squareが大事とされますが、

ずり這いなどを行ってもらった際に、

四角い背中のまま動こうとすることが多いのも、

やはりバレエの方だったりします(^^;)

 

動かされることが無ければ、

身体はそこが動くことを忘れていく。

動くことを忘れた身体は硬くなる。

それは例え、大きくカンブレなどができても、

違うタイプの動きには不自由だということで、

将来、コンクールなどでコンテンポラリー作品に

取り組もうとした際に、

苦労したりもするのではないでしょうか。

 

どのようにも動かせるけど、

キープもすることができる。

育みたいのは、そういうしなやかなキープ能力ですよね。

 

小さいうちからナチュラリゼーションを学ぶということは

クラシックの様式美に偏らない

自然のままの自在さの礎を

自らの中に育んでおくということでもあるのだと思います。

また、バレエ以外のジャンルでも

同様に、そのダンス特有の動きの傾向があるかと思いますし

ヒトとしての原初の動きを

今一度、学習してみることで

ブラッシュアップされていくこともあるのではないでしょうか。

 

そして、大きくなってしまった人でも

ナチュラルな動きは取り戻すことができますし

一通りそのプロセスを体験し、学んでおけば

偏ってきたなぁと感じたとき

ナチュラルな身体や動きを取り戻すことも

できる自分がいるということでもあるのです。

Img_6465

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...