Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

一歩手前に戻ってみることから

今回の出張講座でも初めて行ったずり這い

私自身も発見する事がとても多くあるフェーズでした。

余り書いてしまうと、これから学ぶ方の気付きの邪魔になるので(笑)

具体的に書くのは控えますが

脚を用いたずり這いに取り組んだ際

意識的な制御ではどうもそのパターンがスムーズに変わっていかない

手放しにくい下肢の動きの癖がありました。

じゃあ、どうするかと考えたとき

その前の段階、つまり脚を動かさないずり這い

とことんやってみたらどうだろうか?と思ったんですね。

脚の動きを意識することでは上手くいかなかったことが

肩甲骨で進むという感覚が身体に馴染んできた頃には

自ずと下肢の動きのパターンも変わってきている。

移動のための器官と上記の記事にも書きましたが

その機能を充分に、また適切なタイミングで使えていなかったから

その「できない」が生じていたのですね。

それは這う動きの中でのことですが

その基本的なパターンは

立って動くことの中にも

ターンアウトの妨げにも

かなり影響していたと感じます。

「できない」壁に突き当たった時

その位置から進むことを模索するだけでなく

こんな風に一歩手前に戻って

そのプロセスを十分に体験してみることで

初めて拓けていくこともあります(^.^)

4month

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...