Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

感覚の肌理

11月末に京都に行った時以来

感じることを重ねてきた腕橈関節

毎日少しずつ、そこが動く感覚に注意を向けながら

丁寧に動かしましたが

継続してひと月ちょっと経った今

その動きを感じる「感覚の肌理」が

ずいぶんと細かくなったように思います。

それと足並みを揃えるように

腕橈関節の動き自体、いつのまにか可動域も増え

回外の動きの際に小指側ラインが出しゃばってくることも

また、他の指に関しても緊張が生じなくなってきたなと感じる頃には

回内・回外の際の示指軸のブレも無くなってきて

肩甲骨周りの動きも更に軽くなっていたりもします。

Img_5348

感覚の肌理が細かくなることと

動作の精度は相即きて離れずなのだなということを

そんなことからも実感します。

そしてそれが、

例えば手を床について動くようなことの中では

床との対話の豊かさや

手から肘、肩甲骨までの

連なり感の強さとしても感じられ

ひとつの部位の小さな変化が

身体の中だけでなく

その身体を動かして捉える世界との関わり方にも

変化を生じさせていることを感じるのです。

そして、可動域の広がりに関しても

ストレッチや何らかの圧、あるいは微弱なものも含めた刺激によって

リリースされた場合と違うと感じるのは

感覚が細分化されて広がった可動域というのは

戻りにくい、つまりそのしなやかな状態が自然と維持されているということで

それは、股関節に関しても実感していることなのです。

上記の腕橈関節を感じていくようなワークは

その場や、短期間の間には変化の手ごたえを感じにくく

余り熱心には取り組めない傾向もあるかな…と感じることもありますが(^^;)

薔薇が咲くまでには

土を作り、水を遣り、不要な枝葉は剪定しつつ

未だ目に見えぬ芽の出現を待つといったプロセスがあるように

ナチュラリゼーションに於いては

やはり、そうして時間をかけて育んでいくという

長期的な視点をもって取り組んでいくことが

とても大切なように思います。

Img_6311

1月20日スタートカナヘイうさぎカナヘイハート

★ナチュラリゼーション通信講座

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...