Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

胸部に硬さがあると

先週、風邪をひいてから暫く咳が続いて

普段生活の中ではそれほど感じなくても

今週最初のレッスンの時になって

プリエやルルヴェをしてみると

左足が全くダイナミック・アーチに乗っていけない事に気付き

そんなことからも、胸部に硬さがあると

ダイナミック・アーチには乗れないということを

改めて実感しました(^^;)

2度目のレッスンの際は

顎や手のワークと寝返りで

胸部のしなやかさを取り戻すことを

しっかり行ってからバーを始めてみると

やはり、全くアーチ感覚の鮮やかさが違います。

発達の順序性に従い、上から順に

ナチュラリゼーションを進めていくことは

とても大切なことなんですね(^^)

そして、そういうプロセスを辿って

変化していく身体を感じられていると

例えば、このように足に違和感を覚えたときでも

足だけでなく、身体全体のどこに

その滞りに影響しているものがあるかということを

見出していく視点も自ずと育まれていくのではないでしょうか(^^)

Dscn6485

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...