Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

ナチュラリゼーションとやすらぎの瑠璃の庭―瑠璃光院

2日から3日にかけて

ナチュラリゼーションを学びに

京都のまつじゅん先生のところに伺ってきました。

柔らかな光が射し込み

天井高のある風通しの良いスペースは

とても清々しい居心地でした。

Img_4986

示指(人指し指)を運動軸に手を作っていく

ただ、それだけのようなことが

本当にちゃんとやろうとすると

案外、難しいものなのです。

自分がどう動かしているかという感覚と

実際との誤差を

少しずつ埋めていくように

その動きを繰り返したり

働かなくても良いのに

働こうとする他の指に

日々、思い通りに使っているような手が

どれだけ癖に縛られているかを改めて感じます。

手のワークや、寝返り

ずり這い、ハイハイなど

ナチュラリゼーションのワークを行いながら

この2日間の間にも、また少しずつ

ターンアウトの自由度が広がりました。

Img_4987

そして、今回の学びの旅で

もうひとつ楽しみにしていたのが

ビブラムで自然の中をたくさん歩き

それによって、足はもとより

身体や心がどう変わるかを味わうことと同時に

この瑠璃の庭の眺めの中に

静かに佇んでみたかったのです。

まつじゅん先生のところから2.5㎞ほど

比叡山を望みながら

高野川のせせらぎを聴きつつ歩いて

叡山電鉄八瀬比叡山口のすぐ近くに

瑠璃光院はあります。

Img_4893

紅葉はまだこれからですが

まさに、その名の通りの瑠璃の光を感じる眺め

Img_4899

借景とその緑が映る鏡床が織り成す世界の美しさ

こんなところで暮らしてみたい

Img_4904

語りかけてくるような風情のある樹

と、旅行記のようになってしまいました(^-^;

翌日も、午前中はひとりきままに市内を散策し

また午後から学ばせて戴いたり

貴船から鞍馬までの山道を歩いたりと

この旅の間中、ビブラムを履いて過ごしましたが

それだけ歩き回っても脚が張ってしまうようなこともなく

むしろ、歩くほどに心身が整っていくのを感じながら

ヒトとしての「はたらき」を

補うモノやコトを足し過ぎてきたために

忘れられた自然な動きを取り戻し

大自然の懐で、自らの動きの中で癒されていく

単に、ワークとしてではない

ナチュラリゼーションという生き方

感じることができたように思います。

そして、そう感じて初めて

今、京都に行こうと私を突き動かしたものが

それを全身で感じたいということだったのではないかと

腑に落ちたのです。

 

以下、もう少し瑠璃の庭の眺めを(^.^)

Img_4901

こちらは1階

また少し趣が変わります。

Img_4919

この眺めも素敵

Img_4982

いつまでも、ただ無心に坐っていたいと

心底感じる居心地です。

Dscn0001

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...