読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

自分の言葉で記す

バレエの小学生の方のお母様から

次回のセッションの際、復習のために

写真やメモをとって構わないでしょうか

というお問い合わせがあって

お母様がご自身のために

撮っておきたい、記しておきたいのなら

それは構わないと思うけれど

「ご本人が自分の言葉で記した方が

良いのではないですか?」

というお返事をしました。

ある新体操の子は

普段から練習日記をつける習慣もあるので

セッションの際もそのバレエの子と同じ歳から

自主的にそのようにしていて

セッション後に自分のノートに

言葉や図を描いたりして帰ります。

言語化することで整理されたり

覚えていない部分、曖昧な部分がはっきりしたり

自分で学び取ろうとする自立性や集中力も

その繰り返しの中で育まれるもの。

誰かが覚えていてくれる

忘れても、聴き落としても

後から誰かが教えてくれる

それで、その時間集中できるでしょうか?

誰かによって記された言葉は

その子がその瞬間感じた事と

同じではないかもしれません。

セッションの中でやった時と

後から自分ひとりでやった時の何かが違う

そんなことがあったとしても

その「何かが違う」というところから

自分で考えること、工夫すること

次に、その問いを持って体験するという広がりも生じます(^^)

Img_4297

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...