Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

腔の底

今回は様々な寝返りを中心に

口腔、胸腔、腹腔のつながりを感じていったり

脚の動きと腔の底にあたる骨盤底の動きを

締め上げるように鍛えるということではなく

動きの中で、そこがどう働いていけば

より脚が自由に、軽く動くか

その調和の感覚を

骨の動きで捉えながら

感じていくことをしました。

Dscn5961b

緊張して硬くなり過ぎても

過剰なストレッチで伸ばされ過ぎても

腰や脚に良くない影響を与えるのが

骨盤底なのではないかと思います。

これまで余り感じられていなかった

その働き合いを感じることができて

日常やバレエの中で適切に働けば

弾力のあるしなやかな腔の底に

なっていくのではないでしょうか。

動くときにあれこれ考えてしまうというクライアントさんでしたが

色々なことがすごくシンプルになって

次のバレエのレッスンが楽しみと仰っていました(^^)