読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

仙骨調整のその後

先日のセミナーで、仙骨調整の後に

股関節の動診で効果は確認したのですが

その後暫くしてから

「膝まわりも柔らかくなりますね。」と

感じたままにお話しましたら

佐々木先生が「よくわかりましたね。」と

仰られたのが印象に残って

帰宅してから先生のブログを拝見したら

こちらの記事があって

「膝の痛みの新しい発見」

ああ、それであの時ああいう風に仰られたのかと思いました。

そのことからひとつ気付かされたのが

施術にしろ、ボディワークにしろ

そうして身体に対する何らかのアプローチがあったとき

自分でも無意識のうちに

そうして、全身の中で連動して良くなるところを

感じ取ろうとすることを

そういえば、いつも私はしてきていたのだなということです。

おそらく、それは

16~7年前くらいにボディワークに取り組み始めた頃からの

習性みたいなものかもしれませんが(笑)

そのように感覚を結びつけて記憶しておくことや

あるいはこのように記録しておくことによって

後にそれが役立つことが多かったからなのでしょう。

仙骨調整のその後には

またいくつか面白い気付きがあって

セミナーの後、セッションがあったのですが

その際にベッドに片膝をついて行う施術があり

膝をついたままちょっと体重移動した際に

右膝の奥の方で、痛いわけではないのですが

一瞬「ピキッ」とでもいうような

何か、癒着していたものが外れたような感触があって

ちょっと驚いたのです。

そして、その後妙に膝が軽い(笑)

慣れないうちは、少し心もとなさを覚えるくらいでしたが

明らかに膝の動きが「素直になった」感じなのです。

仕事から帰宅する時に歩きながらも

右膝・・・というより

股関節、膝、足首の軌道が変わったなという実感があったのですが

更に、翌日バレエのレッスンでも

膝に不安定感は全く無かったですし

むしろ全体的に非常に動きやすく

その後の様子を見ていても

右の大腿筋膜張筋~腸脛靭帯がしなやかな状態が保たれていて

両足とも、自然と踵の中心に重さが流れていく感じがあります。

そうなってみると

何故か右の前腕がちょっと気になるようになり

少し、その捻じれを整えると

全身が更にしっくりと良い感じで馴染みました。

ホント、身体の中のつながりって面白いです(^^)

Img_3044

 

個人セッションのご予約はこちらから

Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)
*-----*-----*-----*-----*-----*
バレエ、ダンスのためのコンディショニング・サロン
Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)
営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休
小田急鶴川駅北口より徒歩3分
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4 Joy of Life 鶴川 805

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...