Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

新しい椅子の居心地

木曜日に例のスツール、balans synegyが届き

早速使ってみていますが、なかなか快適です。

土台部分は僅かに弧を描いたロッキング・チェア風ですが

座る位置を調整することで傾きは如何様にも加減できるし

「揺れ」も、揺らせばもちろん揺れますが

静止した馬に乗っていたらこんな感じかな?とでもいうような

むしろ、揺れているかいないかわからない位の

ゆらぎが持続している感覚です。

Sakamoto house(サカモトハウス) 大人のバランスチェア バランス シナジー/balans synegy (ラウンドシート/ダークブラウン(149BS002))

まず顕著に感じたのが

すこぶる「快腸」になること(笑)

もともと、便秘とは無縁のタイプですし

仕事でもプライベートでも動く機会は多いですが

1日、トータルでもわずか数時間を座っていただけで

変化が表れてくるのは意外でした。

で、例によって

「ながら感じるワーク」も試してみたり(笑)

例えば、何の気なしに床に置いている足の

拇趾ラインへと抜ける重さの流れを少し感じてみるとか。

そうすると、右と左とではやはり

ごく僅かながらルートが違う。

少し繋がりの弱さを感じる左の拇趾側に

ほんの少しだけ重さの流れが抜けるようにしていくと

左の内転筋の「待機電流(笑)」がかすかに増すのを感じ

連携して身体全体に

その働き合いからの変化が

連なっていくのを感じるといった具合で(笑)

まあ、マニアックに楽しんでおります(爆)

Img_2847

余談ですが、私はノートPCを使用していますが

外付けのキーボードや

ワイヤレスのマウスをあわせて

モニターまでの距離を約1メートル以上あけています。

それは疲れない姿勢のためというのもあるのですが

何かPCを通じて、情報や考えに触れるとき

モニターしか見えていない状況より

今、ここにいる自分のまわりの空間も

同時に視野に入ってくることによって

良い意味でそれらと距離を置き

ここにいる自分も含めて客観視できるような視点が

自ずと生じるからなのです。

ものを書くときの空間というのは

私にとっては結構大切で

とくに長くて、大事な文章は、文章全体を見渡しながら

同時にそのような「リアルな空間」も視野におさめながら書きたいので

スマートフォンなどでブログやメールを書くのは苦手です(笑)

Img_2839

さて、今日は午後からセッションです(^^)

個人セッションのご予約はこちらから

Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)
*-----*-----*-----*-----*-----*
バレエ、ダンスのためのコンディショニング・サロン
Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)
営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休
小田急鶴川駅北口より徒歩3分
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4 Joy of Life 鶴川 805

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...