Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

されど、椅子

PC作業用の椅子は長いこと

ハーマンミラーのエクアというものを使ってきたのですが

だいぶへたって来たのと

買った当時と今とでは座し方自体が変わっていて

そもそも、背もたれを全く使っていず

もたれることを前提に設計された椅子では

座面が骨盤が後傾する方向に傾斜していて不便だったので

もっと簡易な、座面の小さいスツールタイプに変えたいと

前々から思っていました。

Chair

今、一番楽なのは

正座している時のように

腰が入って坐骨に乗れる姿勢ですが

そこに、程ほどのゆらぎがあって

バランスチェアのように膝を固定されないものが

あればよいのに・・・と思ったら

ありました(笑)

Sakamoto house(サカモトハウス) 大人のバランスチェア バランス シナジー/balans synegy (ラウンドシート/ダークブラウン(149BS002))

この商品の解説には

背筋(せすじ)が伸びるとありますが

むしろ、背中や腰の後ろの筋肉が伸ばされずに

脊柱が自然なカーブを描きながら筒として立って

最低限の力で張り合ってバランスが取れている状態を導きつつ

また、そこに揺らいでいる(小さく動いている)要素があるから

「楽」なのだと思うのです。

おそらく「背筋が伸びる」という日本語も

本来はそのようなことを指していたのではないかと思ったりもするのですが。

クライアントさんがよく

真っ直ぐに腰掛けていることがむしろ楽になりましたと

仰って下さる事があるのですが

身体が変わってくると

自分にとっての「楽」も

様変わりするものなのですね。

来週半ばあたりに届くのを楽しみに

今日もお仕事行ってきます(^^)