Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

何故張ってしまったのかを感じて、考える

昨日は今年始めての子どもたちとのレッスンでしたが

冬休みの数週間の間にも

またちょっと背が伸びたかな?と

子どもたちの成長を感じました。

両腿の外側のラインが張ってしまっているという子と

片脚のハムストリングスが張ってしまっているという子がいたので

今回は脚のラインを整えていくことをメインに

レッスンを進めました。

まずは子どもたちにも

お友達の身体や動きの状態を

一緒に観察してみようという感じで

ひとの動きを見るということからスタートし

骨盤の状態にアンバランスがあるなということを

確認してもらってから

新正体法の動診で主観的な動きの左右差もチェックして

骨盤操法で身体を整え

動きの左右差が無くなった事を再動診で確認

そして、客観的にもアンバランスな感じが

改善していることを確認しました。

じゃあ、どうしてそこが張ってしまったのかな?

ということで

バレエの動きより、もっとシンプルな動きの中で

自分がどんなふうに股関節や膝関節や足関節を使っているのかを確認してから

今度は各関節が正しく働くように動いてみると

あら、シンプルな動きなのに意外と大変(笑)

気付かないところで、いろいろなところを動員して

関節の曲げ伸ばしをしていたんだなということが実感できます^^;

バレエの動きって

たとえ1番のプリエでも結構高度な身体操作だと思うのです。

でも、それよりもっとシンプルなところで

関節が適切に働く動きが出来なかったら

ましてや、複雑なバレエの動きの中で

そのように動くことはできませんよね(^^)

それを修正しながら動くことを繰り返していくと

最初は「あれれ~」という感じで

まとまりのつかなかった動きに

スムーズな軌道の流れが見えるようになってきますし

子どもたちも、徐々にその動きの中での

安定感が出てくることを実感します。

このプロセスのスムーズさは

「さすが子どもたち」といった感で

私には羨ましい程でした(笑)

そして、そのように動いていくうちに

今まで余り感じられなかったところに

働く感覚があるのを発見したり

張っていた腿の外側のラインが

また更にしなやかになっているのも実感できたようです。

で、

「ほら!鏡見てごらん」と

綺麗になった脚のラインを見たときの

嬉しそうな表情には

小さくてもやはり女の子なのだなと思いました(笑)

Postcard1

まだ届いていませんが

先日、名刺を追加発注する際に

このようなカードも作ってみました。

個人セッションのご予約はこちらから


Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*
バレエ、ダンスのためのコンディショニング・サロン
Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休
小田急鶴川駅北口より徒歩3分
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4
         Joy of Life 鶴川 805