Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

徒然に

先月くらいから様々なところで

クリスマスのイルミネーションを見かけるようになりましたが

LEDの時代になって、白色や青といった

どちらかといえば寒色系の光が多くなって

それはそれで綺麗ではあるのですが

やはり、昔ながらの電灯の色を思わせる

電球色の光を見たときに

ホッとする感じを覚えます。

Img_2206

■おしごと

今週も出張講座から始まった1週間でしたが

子どもたちの感じ取るちから、結びつけるちからは

大人が思うよりずっと豊かであることに

毎度の事ながら(笑)驚かされます。

自分の運動のパターンの左右差を

ごく小さな動きの中で感じ取っていくような気付きのワークでも

ちゃんと差異を感じ取り

その感覚をヒントに

その後のちょっとバランスを取るようなワークの中で

安定する働き合いを見出していきます。

それを発見したときの

驚きと喜びが入り混じったような表情に

楽しさが表れているのを感じる時

私もとても嬉しい気持ちになります。

パターンが変わっていくには

やはり時間はかかりますが

そうして、小さな働きを感じることで

変わっていくこともあるということを

見つけること、結びつけることの楽しさを

彼女たちにたくさん体験してもらいたいと思っています。

 

■心に響いたこと

当初、生徒さんたちのためにという一心でご依頼下さったのが

一連の出張講座を通じて

共に取り組まれる中で先生ご自身の中でも変化が生じ

そして、もしかしたら一番変わったのは

先生ご自身であったかもしれないと

お感じになっていらっしゃるということを

お礼のお手紙の中に綴って下さいました。

自分が変わるとき、おのずと周りも変わっている

そのようなことを、私も常々感じておりますが

先日、打ち上げの席で

私たちが直接に関わることは少なかった生徒さんの中にも

素晴らしい舞台への道のりを経験したことで

バレエとの関わりに新たな喜びや感動を見出し

今回で卒業と思っていらしたけれど

継続していきたいという意志を明らかになさっていらした

ジュニアの生徒さん方がいらして

それもきっと

先生ご自身の中に広がったスペースから生じたものと響き合い

相互の中で育まれたものの豊かさの

ひとつの表れなのではないかと感動を覚えました。

■読書

ゲーテとの対話 上 (岩波文庫 赤 409-1)

この時期になると

何故か読みたくなるのがゲーテなのですが

ずいぶん昔に図書館で借りて読んだ

ゲーテとの対話」を

今一度じっくり読み直してみたいと思い

エッカーマンとの対話を通じたゲーテの言葉を味わうことが

隙間の時間の楽しみになっています。

20代に読んだ頃には、些か冗長に感じられ

読むのにえらく時間がかかった記憶がありますが(笑)

歳をとったせいでしょうか^^;

ゲーテの言葉もさることながら

エッカーマン自身の心情も感じ取りつつ

師弟の10年間の語らいに触れることが

とても愉しいです。