Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

希望

「正しい」という表現が余り好きではない

ということを先日の記事の中で書きました。

「ひとの動きに正しい動きはない。

目的にそぐわない不適切な動きがある。

それを避けることが、容易に動き、楽に生きることになる。」

これは

私が自分の身体に向き合い始めた頃から

氏のHPを通じて、多くのヒントを戴き

学びの扉へと誘って戴いた

さあさんこと澤口裕二先生の

アウェアネス介助論」の中の言葉で

それにとても共感を覚えるのです。

バレエを目的にした適切な動きというのはもちろんあって

それは、多くの方が識るところでもあると思います。

ただ、先日もその改善への鍵を見出された方が仰ってもいらっしゃいましたが

個々の身体の状態もあり

姿勢や動きの捉え方もあり

そのどこに、不適切なプロセスがあり

より適切な動きになっていく鍵が

どこに、あるいはどの瞬間にあるのかを見出していくには

他者の目の助けが必要なこともあるように思います。

捻って使わないということはもちろんご存知で

でも、昔の時代のバレエのレッスンで

とにかく開くということを指導されて

ご自分の脚が捻じれているという自覚は幼稚園の頃からあったけれど

それは、もう変わらない、自分の脚はこういうものなのだと思っていらしたそうです。

でも、これま、様々な徒手療法を受けても

セルフケアをしても本質的な改善に至らなかった腰の張りが

いつも股関節からそこへと繋がるような不快感を覚えるラインを通りながら

動きが伝わっていくことで

気持ちよく緩んでいくのを発見したことで

その足元からの連鎖で

様々な慢性的な不快感が生じていたということも腑に落ち

また、どこかを鍛えるような強いアプローチでもなく

働き合う感覚と働くタイミングを丁寧に感じながら動くことで

変わっていけるという手応えを感じられて

希望が持てたと仰っていらっしゃいました。

股関節や骨盤を安定させる鍵となる筋肉はいくつかあり

多くは、感じ難いもので

それを細分化して感じていくことや

活性化していくこともステップのひとつですが

それらの協調の再構築には

強度より頻度、そこにかける時間の長さや量より質

そしてある程度新鮮な刺激となるバリエーションが

必要なように感じています。

長い長い時間変わらなかったこと

それは、気付いてみれば

ただこれだけのことだったのかと思うような

小さな働きであったり

ちょっとしたタイミングの悪さであったりして

でも、そんな些細なことで大きく変わっていくものがあるから

楽しいのですよね(^^)

Img_1723

 

 

個人セッションのご予約はこちらから


Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*
Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休
小田急鶴川駅北口より徒歩3分
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4
         Joy of Life 鶴川 805