Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

こんなこと教えてもらえなかった!・・・でも。

先日のLaCuuのレッスンの中で

ひとつの気付きに至った時

「こんなこと教えてもらえなかった!」という声が

幾度か出たりしました。

でもね、そう捉えて終わってしまうと

非常に勿体無いのです。

多分それまでのお導きの中で

先生方はそれを違う形で表現していらっしゃるはず。

実際、出張講座の際などに

ワークを通じて感覚を掴まれていく様子を見ながら

それを教えていたのに…と嘆かれるようなケースも

時々、あったりもします^^;

ですがそれは

それまで感覚の共有に至っていなかっただけで

そうして、バレエではない通り道を通って

バレエに繋がる感覚を見出した時

それまで授かってきた導きの表現を

違う角度から受け止めなおしてみるチャンスでもあるのだと思います。

私はこういう風に受け止めてきたけれど

この感覚を先生はこんな風に表現していた

じゃあ、他のまだ掴めていない感覚にも

同じようなことがあるかもしれない

そんな風に自分の中での翻訳パターンを

見直してみることで

広がっていくものもあると思うのです。

特に、同じ先生にずっと師事していると

自分の感覚として共有には至っていなくて

無視しているわけでもないけれど

何となく脇に置いたまま

流してしまっている言葉などがあったりもします。

そして、出張講座の際などは

いつもと違う講師が来て

体験したことの無いワークをやるんだと

生徒さん自身が既に

バレエを括弧に入れて身体や動きに出合おうと

新たに体験するためのスイッチが

全開になっている訳です(笑)

しかも、そこで体験する動きは

およそバレエと結びつかないようにも思える

ヘンな動きだったりもして(笑)

笑っちゃうようなヘンな言葉だったりもするから

バレエとして動こうとする際の

皆さんの中での既存の回路が作動しにくい状況でもあり

だから感じ取れたということもあるかと思います。

これは自戒も含めてですが^^;

進展を妨げているのは

授けてもらっていないからではなく

授かろう、学び取ろうとする自分の中に

日々、新たに体験するという感覚が薄れていたり

自分の捉え方のフィルターが

かかっているということも

あるのではないかと思うのです。

Dscn3996

満月が通り過ぎた涼やかな朝

今日は個人セッションと出張です(^^)

 

個人セッションのご予約はこちらから


Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*
Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休
小田急鶴川駅北口より徒歩3分
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4
         Joy of Life 鶴川 805

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...