Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

「知っている」と「動ける」の間

今は様々な情報を得ることが出来て

例えば膝下を捻って使わないというようなことも

皆さんご存知なわけです。

でも、「知っている」と「動ける」の間では

やはり、他者の目や

ちょっとした感じ方のヒントが

より後者に近付く橋渡しとなることもあって

昨日のLaCuuでは

その正確な軌道も感じて戴いたりもしつつ

膝がその軌道で動いていくために

その僅か手前で

働くことが忘れられていたり

トーンが弱かったり

アンバランスだったりすることが無いか

6番のポジションで

脚から離れた深層の小さな筋肉を

丁寧に感じ分けるようなこともして戴きました。

ターンアウトは形ではなくて、働き

それも多分、殆どの方がご存知です。

それでも、実際どのように働いているか

言わば「自分が何をしているか」ということには

捉えられていない盲点が

やはりあったりもします。

特にその動きのきっかけの

普段は意識にも上っていないようなところに

忘れられているものに気付いたり

呼び覚ましたり

それが他の部分と働き合う感覚を

トレースしていくようなワークは

非常に地味ですが

そんな働きかけに身体は応えてくれることを

ワークした方の脚のラインの変化や

床をとらえる足裏の感じ、安定感などから

実感して戴けたのではないかと思います。

先日も、

ルルヴェの時に足首が痛くて

ポアントも履けていないけれど

バレエの先生に正しいアライメントになっていくよう

補助していただきながらだと痛くないという方がいらして

セッションの中で軽く脚を緩めたあと

調和して働く感覚をブラッシュアップするワークを行って

痛みは生じなくなり、ポアントでレッスンもできるようになったそうですが

それでもそれはまだ、スタート地点

バレエの中だけでなく

日常からの動き方の癖が変わっていかないことには

同じことの繰り返しで

それは足や脚だけの問題ではなく

全体の中での機能の仕方を

丁寧に感じ取りながら

動きに出合いなおしていく旅の始まりなのだと思います。

Img_1569

満月と共に始まる1週間

今日も定例講座で小学生の子どもたちとレッスンです(^^)

 

個人セッションのご予約はこちらから


Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*
Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休
小田急鶴川駅北口より徒歩3分
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4
         Joy of Life 鶴川 805

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...