Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

まっさらな自分で出合う

9月が始まり、日常が戻ってきた感じのようでもあり

でも、何かがまた広がった感じもしています。

新たな出張講座についても

その導入のフェーズのセミパーソナル・セッションのスケジュール等

お教室と調整をしていかなければなりませんし

今月は私自身のスキルアップのための時間も何日か入っているので

忙しくはあるけれど、また少し開けた眺めの中に

一歩進んでいくような楽しさがあります。

Img_1442

 

 

【まっさらな自分で出合う】

日経ヘルスのWebに「“ゆる”ストレッチ」という言葉があって

誌面を見たわけではないですが

要するに緩めるということなのだろうと思います。

私的にはストレッチという、

これまで引っ張り伸ばすという概念が一般的に浸透している言葉と

緩めるということとは区別が必要なように感じます。

日頃、緩めることをお伝えしていても

そこのところを理解して戴くのに

結構時間がかかるケースもあり^^;

苦慮する点なんですね。

そこが理解されていないと

揺らせば緩めるになると

ストレッチさせた状態でユラユラさせて

「緩めたつもり」になってしまうようなことも

やはり少なからずあるのです(涙)

 

先日、別のボディワークを長年続けてきた方に

CATのワークをお伝えした際も

同じような形で行うワークがあったこともあって

どうしても、その感じ方や意識の向けどころの違いに戸惑われたり

なまじ形が同じだから

違う新しい動きとして、それに出合うということを

難しくしている面も感じられたりしました。

どちらが良い悪いではなく

今行っていることの目的は何か

どのようなケアやワークでも

自分の中で、そこを明らかにして

まっさらな自分で出合うつもりで

取り組んでいくことが 大切だと思います。

Bangkokにて 番外編】

バンコクBTS、プルンチットとサイアム駅を結ぶ通路で

こんな広告を見かけました。

(ちょっとピンボケになってしまいました)

おそらくスワイショウを行っている絵だと思いますが

タイの昔の装束から現代のビジネスマンまで

時代の変遷も感じさせながらの表現が秀逸です。

Img_1430

Img_1431

สสส.とあるので

สำนักงานกองทุนสนับสนุนการสร้างเสริมสุขภาพ

Thai Health Promotion Foundationの

広告かなと思います。

最後の晩は、ナイトシーンも楽しみました。

Img_1423

Img_1426

Img_1422

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...