Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

Bliss of Being

長期出張講座2回目も無事終了し

昨夜はずっと参加者の皆様のBefore&After写真をまとめつつ

個々の方に今後フォローしたい面などを

考えたりもしましたが

あえて所感的なことには触れず

画像のみをまとめたPDFを

先生にお送りさせて戴きました。

もちろん発表会という節目に向けて

というひとつの目標はあり

それでプログラムも組んでいるのですが

日ごろ、バレエの求める美にご自身を近付けていこうという

ベクトルをもった意志や想いは

皆さん、それぞれにお持ちだと思いますから

まずは、それ以前に

何かに求められるものや

他者の評価ではなく

ご自身の「Being」としての姿勢を

見て、感じること

レッスン前に立ったときの居心地

レッスン後に立ったときの居心地

それを重ねて捉えてみること

そこから

どうありたいか

どう進んで行きたいかをクリアにしていくこと

それが、とても大切だと思うのです。

それぞれのBeforeがあって

それぞれのAfterがあって

そのいずれもが素敵だなと思うのは

その二つの瞬間の間に流れた時間の中で

皆さんが向けた想いのようなものが

感じられるからかもしれません。

Img_0936

と、いうわけで

昨夜はなんだかんだで明け方近くまで

写真をまとめたり

今後の個々の方へのサポートで

どんなところをポイントにしていこうかということを

考えたりもして寝不足気味ではあったのですが

バレエのレッスンに行っても

何故か身体は絶好調(笑)

調子が良いときはお腹(大腰筋)が働くのを

恥骨に近いところ(恥骨結節の高さのあたり)に

二つ小さなスプリングがあるような感覚として

感じるのですよね(笑)

やはり、「使う」っていう感覚じゃない。

働いたときに「感じる」だな・・・と

私は思うのです。

いわゆる「下丹田」といわれる位置で

充実感を感じることもあるけれど

本当に良いコンディションの時は

私の場足は、それより下に

明確に左右に2箇所のスプリング的な収縮としての

存在感を動きの中で感じます。

そして、それを感じる頻度が増えてきて

自分が、どういうワークをしたら

その状態に持っていけるかも

明確になってきたから

また、面白いのですね。

 

 

LaCuu-ダンスのためのセルフケア&ムービングクラス
5月24日
場所:istudio(アイスタジオ)Bスタジオ
お申し込み:http://kokucheese.com/event/index/285311/

 

個人セッションのご予約はこちらから


Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*
Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休
小田急鶴川駅北口より徒歩3分
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4
         Joy of Life 鶴川 805

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...