Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

姿勢、ゆらぎ、動きの質感

ご自分が姿勢が悪いと思っていらっしゃる方が

CATのワークで、あんなに背中を丸めたら

もっと姿勢が悪くなってしまうのではないかしらと

ご心配になられたりすることもあるようです。

筋肉は、使いすぎたり

引っ張りすぎたときだけでなく

動かされないことによっても

硬くなってしまいます。

反るほうにも

丸めるほうにも

どちらの方向へも適度に動かしてあげることで

筋肉をポンプしたり

一度ぐーっと丸めてから

ストンと力を抜いたときに

筋肉はゆるみます。

Tutuproject

CATのワークを続けても、背中は丸くなりません(^^)

姿勢という言葉には

「勢い」という文字がありますね。

立っていることも

座っていることも

写真のように静止していることではなく

小さく小さく揺らぎながら

バランスを取り合っていることですし。

寝ているときでさえ

呼吸にあわせて胸が動いたりしています。

生きていることは

動いていることです。

例えば

肩幅に開いたパラレルに立ち

両足の足裏の様々なポイントに

身体の重みを移しながら

身体は楽に保って右に左に

斜めに、前後にあるいは円を描くように

揺らいでみる。

その時の脊柱の動きを感じ

そして、足裏の感じ

今度は、目を閉じて

同じ事を繰り返してみる。

動き方は同じだったでしょうか?

足裏で感じる重さの流れは同じだったでしょうか?

では、今度は

目を開けて、でも、視野を広く

ぼんやりと広大な風景を眺めるように

目をリラックスさせたらどうでしょう?

どこかを凝視するようにするとどうでしょう?

これは、単なる「遊び」ですが

視覚によって助けられている面もあれば

一方で、妨げられているものも

あるということが感じられるかもしれません。

あるいは

どこか行き難い方向があったりもするのを

目を閉じていると

よく感じられるかもしれません。

目を閉じて揺らぐ

こんな単純なことが

案外、心地よく

そして

ふだん無意識のうちにどのように立っているのかを

感じることもできて

面白いものです。

LaCuu-ダンスのためのセルフケア&ムービングクラス

5月10日
場所:istudio(アイスタジオ)Bスタジオ
お申し込み:http://kokucheese.com/event/index/285310/

5月24日
場所:istudio(アイスタジオ)Bスタジオ
お申し込み:http://kokucheese.com/event/index/285311/

 

個人セッションのご予約はこちらから


Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*
Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休
小田急鶴川駅北口より徒歩3分
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4
         Joy of Life 鶴川 805