Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

受け取る感覚、与える感覚―足の表情

長期出張講座初日が

無事終了いたしました。

本日の出張講座からです。ワークした脚、していない脚でもでも、変わっているのは脚だけではありません。頭の先まで繋がるからヒップもウェストも胸も肩も首も腕もお顔もまとめてチェンジ♪もちろん動きやすさもUPです(^^)v

Posted by LaCuu Self-care&Moving Class on 2015年4月19日

知覚のワークでは

裸足で自然の中を道を歩くときのような

ランダムな動きを感じていくということをしました。

レッスンの中で足裏を感じるとき

バランスボードでエクササイズをするときも

そうした感度は磨かれていると思うのですが

それはやはり、どちらかといえば「均質な面」との接触で

「面」と「面」の関わり方である気がするんですね。

例えば砂利道を歩く

木の根が浮き出しているような道を歩く

そんな時、面というより

無数の不規則な点の間を重さが流れていくような

面としての接触とは

ちょっと違う流れが

足裏で明滅するような

質感があると思うのです。

どちらが良いという訳でなく

「差異のある体験」として

そのような刺激を

道具を使わないワークという形で再現したかったのです。

もちろん、ダンスのシーンでは

そのような床で踊ることは

そうはないでしょうけれど

でも、そのような不規則な動きの中で

ああ、こんなラインもあった

こんな調和もあったと感じる体験が

足と全身の調和の感覚の引き出しを

増やしてくれるのです。

そして、逆に

地面に足が応じるのではなく

足で地面を創造していく

そんな感じ方も面白いのです。

自分の足の裏の働き方で

砂利道を表現したり

トレイルの径を表現したり

地面からの情報を受け取るのとは

反対方向の感覚の流れを作っていく。

そんな感覚の拓き方が

あっても良いと思うのです。

特にダンサーは

足の表情も大切ですから(^^)

LaCuu-ダンスのためのセルフケア&ムービングクラス

5月10日
場所:istudio(アイスタジオ)Bスタジオ
お申し込み:http://kokucheese.com/event/index/285310/

5月24日
場所:istudio(アイスタジオ)Bスタジオ
お申し込み:http://kokucheese.com/event/index/285311/

 

個人セッションのご予約はこちらから


Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*
Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休
小田急鶴川駅北口より徒歩3分
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4
         Joy of Life 鶴川 805

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...