Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

あわいの時

金曜日は

長時間立って仕事をした後など

痛みではないけれど

左足首が繋がらないような違和感があると

仰る方のセッションでした。

日常の動作ではさほど問題にならなくても

バレエの動きの中で

その繋がらない感じというのは

嫌なものですよね^^;と、経験者談(笑)

と、いうことで

つながりを整えることが中心のセッションになりました。

Img_0552

雲の広がりと共に

また寒さも戻ってきましたが

セッションが終わってのあわいの時間

まだ、夜に包まれる前の

穏やかなブルーの眺めが好きです。

Img_0559

竹内敏晴氏の

「からだ」と「ことば」のレッスンという本に

こんなフレーズがあります。

揺するレッスンは筋肉の緊張に気づくことから始め、結果としてそれがゆるみ、ほぐされることになるのだが、一つの部分の筋肉がふっとゆるんだ、という知覚は、必ず、ある「身構え」の脱力感と共にあるのであって、言いかえれば「身構え」が崩れることが「からだがほぐれる」ことにほかならない。

便宜上、施術とワークという風に

言葉の上で分けたりもしてはいますが

私は、そこにあまり境界線を感じないのです。

 


「ゆるめる」という意図的な響きも

ちょっと違和感があって

ゆるんでいくことにほんの少し

きっかけを作る手助けをしているだけで

それはむしろ、そこに立ち会っている

ゆるむという体験を共有している

ただ、それだけなのではないかと

思ったりもするのです。

  

 

Img_0560

 

他人のからだを揺するということは、からだを引き受け、重さを受け取り、それに働きかけるという過程において、すでに気づかぬうちに、自分のからだを弛め、相手のリズムと対応し、調整しているわけで、自分のからだを「ほぐす」結果になっているのである。

 

 

Img_0547

 

 

個人セッションのご予約はこちらから


Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*
Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休
小田急鶴川駅北口より徒歩3分
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4
         Joy of Life 鶴川 805