Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

雪の日の徒然―変化球の必要

雪に包まれた日、仕事を1本終え

午後は二軒分の雪かき。

高齢化した両の両親の近くに住まうというのは

そういうことでもあったりします(笑)

でも、案外その単調な仕事が嫌でもなかったりするのは

例えば盛り塩を型で盛っているときのような

無心に手(身体)を動かすという時間と

確実に、目に見えて、その成果が

清々しく表われる心地よさという報酬があるからなのでしょう。

それと、放っておいても明日には解けそうな雪でも

仕事を終えた夜に帰宅するときに

雪かきされた道を歩くときの

どこかの誰かの想いに触れたようなあたたかさを

思い出すからかもしれません。

Dscn2443

昨日、目に触れた小さな本屋さんの記事で

その社長さんが1万円分のオススメの本を選んで送るサービスに

全国から注文が殺到というものがあり

そこに社長の

「こうくるか、という変化球を投げて読書の幅を広げてほしいんです」

という想いが載っていて、ナルホドと思いました。

私もかなりの本好きですが

特に今のようにネット注文が多くなると

予め自分の中に決まった本や著者

あるいは分野があったりして

どうしても出合いが限られてしまう。

機械的なリコメンドがあっても

やはりそれは機械の仕事で

相手の趣向を踏まえたうえでの

変化球というのは無い訳です。

基本的にTVも好きではないので

情報を自ら探しにいく

あるいは、SNSなどで予めここと決めたところから

タイムラインに流れてくるものばかりを眺めていると

どうしても、偏りが出てくる訳で

その点において面白いのが

殆ど閲覧中心のNoteのランダムに様々なクリエイターのページを

巡っていく機能だったりします。

一部のブログなどにも

そうした機能はあるけれど

閲覧を有料化することもできる機能があったり

また、まだそれほどユーザーが多くはないせいか

比較的、面白いと思う記事にHITすることが多く

まだ、ネットを使い始めたばかりの

1990年代の頃のインターネットの感触みたいなものを

ふと思い出すのです(笑)

まだブログ等も無く

発信するには、それなりの知識も手間も必要だったその頃は

今ほど便利でも、情報量も多くは無かったけれど

定型化されていない、デザインも内容も

味わいのある「濃い」サイトとの出合いが

多かったように思います。

最近の私はむしろ

どこか、その「変化球」みたいなものを

リアルなところから自らに投じてみたく

情報との接触を制限しているような面もありまして

それでできた隙間に

学ぶ時間が生まれたり

新しいものが注いできたりもしています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...