Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

Primitive

ワークの中の猫のような動作しかり

尺取虫のような動作しかり

動きというものが

極めてプリミティブなところで

洗練されていくものだということを

実感するようになると

本当にどのような動作も楽しくなります。

何故なら、日頃しない動作の中から

どんどん、連携感覚の密度が上がっていくのがわかるからです。

先日のLaCuuのレッスンでは

フロアでの寝返りワークから延長しての

バーを用いての寝返り(?)で

まるで樹上のナマケモノのように泰然とした動きを

自発的に楽しんでいる方もいらっしゃいましたし(笑)

電車の中でつり革や手すりにつかまる動作ですら

連携感覚を高めながら身体を整え、

おまけにリフトアップなど美容にも使え(笑)

日常の全てがブラッシュアップの時間になるのです。

Namakemono

そして、本当に「使える柔軟性」というのは

連携することと切り離しては

成り立たないものなのではないでしょうか。

例えば長座して前屈するのが苦手だったりすると

ハムストリングスが硬いんだ・・・と

多くの場合、一生懸命ストレッチをしたりします。

あるいは、ペッタリ着くけど動きは硬い

そんなことも、ままありますよね(^^;)

でも、ハムストリングスの柔軟性が同じくらいだったとしても

全身の連携が上手に取れていれば

驚くほど楽に、余りハムストリングスのストレッチ感が無いまま

より多く前屈していくことができたりします。

ただ、こういうお話をしたからといって

長座前屈ができることがポイントではなく

その同じ形を作ろうとする動作の中で

ハムストリングスのストレッチ感が少ないというところが

ポイントなのです。

筋肉に無駄に引っ張られないように使えるほうが

より動きは自由に、そして負担も少なくなるわけです。

今日の個人セッションでは

そのような体験をして戴きました。

バレエのレッスンの中では

少なからずストレッチ、あるいはストレッチ要素のある動きがありますが

私は、そういうときこそ

いかに部分のストレッチにさせずに身体を使うかという

より高度な連携力が磨かれる機会でもあるとも思うこの頃です。

個人セッションのご予約はこちらから


Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*
Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休
小田急鶴川駅北口より徒歩3分
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4
         Joy of Life 鶴川 805

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...