Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

Ask, and it will be given to you

今日はFacebookの記事から。

つくづく、「システム」だなぁと感じるのです。

この文章を書いてから

システムって表現は変かなぁ?と

ちょっと検索してみましたら

海外ですが同じ表現をなさっている方がいらして安心しました(笑)

無駄な力を使わずに

脊柱が長く伸びていく微かな感覚を

体感するところから始められれば

アンドゥオールもアプロンも

その習得の過程がもっとスムーズになるだろうし

「違い」に気付くことができれば

故障も生じにくくなっていくのではないかと思います。

寝ておこなう繊細なエクササイズもありますが

やはり、立位やある程度基本的な動きの中で

それを体感できたほうが実際の踊りには繋げやすい。

体感して戴くための方法はいくつか見出すことができ

幾人か身近な方に試して戴いたところでは

その静かな動きの連鎖に気付くことで

その連鎖を何が妨げていたかに気付かれ

動きの改善につなげて下さる方がいらしたり

いわゆる、引きあがった状態は体得なさっていて

タイトルロールを踊るような方でも

そのコントロールがより自由に、繊細になったと仰っています。

新体操の指導をなさっている方が

側彎のある生徒さんに試してみたところ

生徒さんご本人も動きやすいと仰っていたそうですし

先生は「動きが静かになった」と表現なさっていて

無駄な力がそぎ落とされると

そのような印象になるものなのだと思います。

それを、どのようにレッスンに活かしていくか

あれこれ考えるのが楽しくて仕方ありません(笑)

Ask, and it will be given to you; seek, and you will find; knock, and it will be opened to you. For everyone who asks receives, and he who seeks finds, and to him who knocks it will be opened.

クリスチャンではありませんが

聖書の中のこの言葉が思い浮かぶこの頃

恵まれない条件に恵まれたことに感謝ばかり(^-^)

それだけたくさんの問いを

抱ける楽しみを授かったのですから。