Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

寒露の日の満月とともに

個々の動作を行うことと

例えば踊りの動きができることは全く別の問題で

動作の背景で働いているものが書き換えられたり

新たに生まれたりして

初めて能力になるように感じています。

動作がそこまで浸透して何かが背景で形成されると、

実際に踊るときになってあれこれ意識しないのに

感覚やそれに基づいた運動イメージのようなものが

勝手に立ち上がってくる。

あるいは、次にどこを解放する必要や

目覚めさせる必要があるのかを

身体が教えてくれる。

その背景の部分が働き出すためには

バレエの動きそのものではなく

その動きの要素に、少し違う角度から働きかけたほうが

スムーズに浸透していくし

その要素をブラッシュアップする際にも、

単なる反復練習のように動作に集中しきるのではなく

意識の分散が必要な気がするんですね。

そんな風にワークに取り組んだこの数週間

かなり多くの気付きがあり

寒露の日の満月とともに

ここにきてその気付きのピースが

ひとつの絵になるように

昨日、今日の2日間で

実際に、身体の使い勝手に大きな変化が生じました。

今日はたまたま、レッスン前のウォーミングアップを

各自でということになったので

20分でベストコンディションに持っていくということを目標に

自分のワークを組みました。

そして、その中でまたひとつ

本番前に絶対良い!と自信を持って言える

応用編のワークが生まれました。

Dscn1396

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...