Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

感じること徒然

身体の感じ方のバリエーションを広げていくことは

私の趣味みたいな面もあるのですが(笑)

面白いことに、筋肉の連携が取れている時ほど筋肉を感じない

「骨感覚」みたいなものが浮き立ってくるように感じています。

上手く言葉に表せないのですが・・・

もちろん、筋肉が働いていない訳ではないのです。

でも、それは立つなら立つために

関節を最低限支えるための操作に使われるテンションだけが

少し感じられるような。

と、言っても

まだ踊りの中でその感覚で居続けることは出来ていないのですが。

それと、たまたまうちの犬が

椎間板ヘルニアを患って、

もうだいぶ元通りに歩けるようになったのですが

当面、長い距離を抱いて歩いたり

歩かせたりするのは負担になるかと

ペットカートを利用するようになったのです。

娘たちの赤ちゃんの時以来ですが

それを押して歩いていくときに

色々と面白い気付きがあるのですね。

そう、Re-Senseの歩くワークと

同じ感覚なのです。

Dscn1038_2

身体を感じることは楽しいです。

気付くことが増えるたびに

身体と近しくなるのを感じます。

Dscn1111

購入したカメラで撮った1111枚目の写真は

秋の訪れを囁くブリーズです。