Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

ニュートラル

日曜日のLaCuuのレッスンでは

フェイシャルのラインの説明の中で

どんな動きや、どんな感情の時に

そのラインで触れる筋肉が緊張するか

その緊張は例えばどんなマイナスの作用を

もたらしてしまうかということにも

少し触れながらお話しました。

スタート以来

ほぼ皆勤賞な方(笑)

月1回ペースの方

初めての方と

その都度メンバーの顔ぶれが違いますが

初体験の方の驚きと感動の表情に触れさせて戴いて

発見の喜びを共有できるのも嬉しいですし

また、レギュラーのみなさんの滑らかな胸骨ワークに

「わー、全然違いますね~」と感心して戴くのも

続けることでますます拓かれていくといういことを

皆さんで確認し、共有できたような嬉しさがあります。

ロールダウンのような動きは

やったことがある方も多いかと思います。

でも、同じように背中を丸めていく動きでも

そのやり方を変えてみると

脊柱はもっと自由に、軽く動く

今まで余り動かせなかったところが

少しずつ目覚めてくる。

動くことによって、周囲の筋肉がしなやかになってくる。

そうすると、背中を丸めていくような動きだけではなく

後ろにカンブレしていくような動きにも自由度が増し

あるいは、なるべく長く保ちたいような場合にも

それを容易にするのです。

たまたま昨日はLaCuuの後に

バレエの公演を観にいって

そこで、バレエをなさっていることが

その動きや姿勢でひと目でわかる方を

多く見かけました。

それは、バレエ的にはとても美しいのですが

訓練されて身に着いた姿勢や動きの中でだけ暮らしていると

余り使われていない機能や動きというのが

やはり、そこにはあって

充分に働かない、動かされないことによって

生じている偏りもあるように感じます。

車でも、

ニュートラル・ポジションや

バックができて

進みたい方向にスムーズに進んでいくことができます。

動き方の幅はあったにしても

脊椎のひとつひとつが

本来持っているどの方向への動きも

偏り無く動けることによって

バレエ的に動かしたい方向へも

よりしなやかに動かすことができるのだと思います。

また、舞台を観ていて

同じように動いていても

あ、違うな、美しいなと目を奪われる方の動きって

連動が見える。

連動って、すなわち連なって動く

動きが伝わる過程に

働いていないところが無いということなんだと

つくづく感じました。

個人セッションのご予約はこちらから


Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*
Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休
小田急鶴川駅北口より徒歩3分
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4
         Joy of Life 鶴川 805

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...