Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

手脚の連携の交差点

今日は車の運転中、

何の気なしに顎の可動範囲をチェックしてみました。

ネックだった右腕の使い方の感覚が変わったせいでしょうか

左右への動き、

特に右側の可動域がかなり広がっています。

どちらかといえば

右の方が硬くなりやすかった肩も

新しい繋がりの感覚が面白くて

暇さえあれば胸を柔らかく保ったまま

様々な方向に動かすワークを

ちょこちょこやっていたせいでしょうか

むしろ左より大胸筋や小胸筋がふにゃふにゃで(笑)

その肩の状態が

顎の状態とリンクしているのでしょう。

そして、肩甲骨の動きがとても自由になっています。

その動きが出てくると

手脚の連携の交差点は

確かに、腎臓の辺りになり

それは大腰筋の起始部(上端の付着部)の位置と

一致するのですね。

右手を左の腎臓あたりから

左手を右の腎臓あたりから

操作して動かす意識で使っていくと

広い背中を楽に保ちながら

アームスを大きく、長く使うことができ

脚との連携もとりやすくなります。