Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

ここのところ

何故か不思議と「足のケア」に

ご縁があるみたいです(笑)

捻挫の後、左足の底屈可動域と背屈可動域のバランスが変ってか

底屈可動域側に少々制限がかかって

フルポアントに乗り切る際に、ちょっと動きにくさを覚えていました。

PTの娘に距骨の調整をしてもらって

以前のバランスでポアントに立てるようになりましたが

バレエの動きというのは

本当に繊細なバランスの変化で

動きにくくも、動きやすくもなってしまうのだなとつくづく感じます。

先日、そんな話を友人にしましたら

彼女がレッスン前に行っているという

足のケア法を施してくれました。

足部にはたくさんの関節がありますが

動かしていることがかろうじてわかる位の

とても繊細な動きで

指骨・中足骨間

中足骨・足根骨間

足首、そして脛骨腓骨間と

関節の全てに程よい緩みと遊びを齎すような

非常に気持ちのよいケアでした。

床に降り立った時の

豊かな感触を味わいながら

やはり、労わり慈しむよなアプローチのケアは良いですね。

また、ちょっと面白い調整法に出合いまして

それも、少し試してみたりしています。