Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

「腔」という隙間

先日のセルフケア・レッスンについて

主宰の石郷岡先生から戴いたご感想を

セルフケア・レッスンのブログでご紹介させて戴きました。

結びに綴って下さった

「腔」という隙間の持つ意味の深さ確かさに

私は何か神様のような大いなるものの存在を感じてしまいます。

人を立たせ人を居させ

そして人に緩みと安定をもたらす・・・

心にも身体にも芯のある支えとは違う

そのやわらかな流れが通る感じ

生きていることを肌で感じ心で感じる

そんな時間でもありました。

というお言葉は

私がお届けしたかったものを

私以上に確かに、そして美しく

表して下さったと

感激致しました。

自分の身体に心を澄ませていくほどに

そこには、何か厳かなものを感じ

そして、そう感じるほどに

尊ぶ気持ちも深まってきます。

だからこそ、侵襲的でも支配的でもないあり方で

身体と語り合い、歩んでいけるような方法を

私自身も選び

私なりに共有できるかたちを模索し続け

そして、出合うべきものに出合い

こうしてお伝えしていくことを

後半生の役目のように感じながら

お仕事をさせて戴いています。

バレエをバレエとして感じたり、動いたりするのではなく

それでも、どこか視野の片隅には置きながら

寛いで広がった余白の中で自分と出会う

そのような体験を通じて

何か少しゆったりとした眺めが

自分とバレエとをひとつに包みながら広がっていく

そのようなことがあるように感じています。

石郷岡先生は、また

すぐに出るくっきりした答えばかりでなく

ふんわりとゆるやかに拓けて行く自分

そこを感じること自体ももまた

とてもとても尊いことであると

この先も続けて行きながら感じてもらえたらと思っています。

とも、仰って下さっていますが

本質的な変化というものは、たぶん

そのように、待つこと、熟成させることの中で

腑に落ちるところまで浸透して

力強く立ち上がってくるもので

そこには、個々の時間が必要なのだと思います。

その時見える結果、はっきりと感じられる結果は

関心を持って戴いたり

セルフケアを継続していただくためにも

もちろん大切なことですが

でも、私が一番お届けしたいものは多分、

まだ、目に見えないところ

まだ、はっきりとは感じられないところで

静かに流れ出したせせらぎのようなもので

表面的に見えるもの、明らかに感じられるものを

お伝えするほどに

それが薄れていってしまうようなもどかしさも

常々感じておりましたので

そこをしっかり汲んで下さっていることに

感謝しています。

セルフケア・レッスンを通じて

お届けさせて戴いた

こころとからだのスペースに

そして

先生と生徒の皆さまの間に

何か新しい涼やかな流れが通い合い

ますます、素敵なバレエの時間を

創造なさっていかれることを

心からお祈りしています。

ありがとうございました。

Dsc_2254

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...