Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

悴む(かじかむ)

小寒を過ぎ、悴む(かじかむ)という言葉を

この手で感じ

きゅーっと縮んで、動きがこわばるようなこの感覚が

悴むという言葉と結びついたのは

いったい、いつだったのだろう

などと思った夕暮れでしたが

実家の父の心臓も、少々悴んだ模様(^^.)

幸い病院に行くほどではありませんでしたが

気をつけてはいても、家中の至るところに

温度差のリスクがあるこの季節は

やはり、ヒヤリとすることが多いですね。

Dsc_2248

ただ、少し腰痛もあるとのことで

母が内臓に起因するのではと心配しまして

夜間外来に行く気満々のメールが(^^.)

いくら車でとはいえ、こんな寒い日に

夜間外来も如何なものかと

ちょっと様子を見に行ってみると

顔色も悪くなく、張りを感じるのは両側の腰方形筋

触れてみるとカチカチです。

訊ねると自覚したのは今日になってからではなくここ数日

何か負担のかかることした?と訊くと

そういえば、数日前に寒い廊下で長い時間かがんで新聞の整理をして

その後、重い新聞の束を持ち運んだとか。

うーん、これはやはり

筋肉の問題じゃないかと思いましたので、筋ゆる。

揺らして緩めていくと楽になるとのことだったので

そのまま暫く続けたら、筋肉も柔らかくゆるんで

痛みも落ち着いたようです。

既往症があると、神経質にもなりがちで

心配する母の気持ちもわかりますし

もちろん注意は必要ですが

周囲が何でも病気に結び付けて

病人にしてしまってもいけません。

昔は、母のほうが

そういうところ「デーン」と構えていたような気もしますが(笑)

いつのまにか、私のほうが逞しくなってしまったような気もします(^^.)

Dsc_2247

Dsc_2250