Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

コラボレーション・セッション

29日は大澤綾子先生とのコラボレーション・セッションでした。

こちらのクライアントさんは

先週22日にセッションにお越し下さったのですが

既往症の関係もあり、

前回は少し慎重に様子を見ながらセッションを進めました。

体調的にも問題なく、また楽になられたようでしたが

やはり、もう少し緩め、腔を立てていきたい感じでしたし

日ごろのケアやエクササイズに関しても

色々とご自身の課題をお持ちのようでしたので

ちょうど良い機会かと思い

今回、コラボレーション・セッションをおすすめしてみました。

Dsc_2143b

Dsc_2194b

4Handsで口腔、胸腔、腹腔

そして脚や足指までをを十分に緩めてから

パートナー・ストレッチによって

適切なテンションで、バレエの動きを楽にするために

必要最低限なストレッチを行っていただき

その感覚を体感して戴きました。

また、日ごろご自分で

セラバンドによるつま先を伸ばすためのエクササイズなども

なさっていたそうですが

「伸ばそう」、あるいは「使おう」「鍛えよう」という意識で行う

そのエクササイズが

逆に指や足底に不要な緊張を生じさせ

むしろ伸ばしにくくしていたことを実感していただき

力を抜くことで、美しく伸びていく甲やつま先の感覚も

掴んで戴く事ができました。

緊張の強かった肩甲骨周辺へのアプローチは

触れられるだけでもくすぐったさが生じてしまったようですが(笑)

でも、そのくすぐったさに耐え切れず思わず笑ってしまったことを通じて

一瞬力が入ったその後に、ふにゃっと緩む

つまり力を入れて、その力が抜けたときに緩むということも

よりはっきりと感じられたようです。

緩めることと、ストレッチするということは違うということをご理解いただき

緩んでいれば、そんなに頑張ってストレッチする必要は無いことが

実感できたことと思いますし

綾子先生は、

「ちゃんと緩んでいれば自分で行うにしても

朝起きて、うーんと伸びをする時くらいの感覚の

ストレッチで十分なのよ」と説明なさっていました。

Dsc_2198_2

口腔や胸腔が広がり、そして立つ感覚についても

綾子先生の楽しいアドバイス

クライアントさんも大笑い、そして大納得で

新しい「居方」を

その楽しさと共にお持ち帰り戴く事ができたと思います(^_-)-☆

心地よく、ゆるみ

笑いながら、伸びて

そして、またゆるみ

その「ユルさ」の中で

広がり立つ腔、新しい感覚

「頑張らないって、こういうことなんだ」

「あんなに引っ張らなくても良かったんだ」

そんな気付きに繋がる体験をして戴く

Unit YAYAKOのコラボレーション・セッションです♪

★コラボレーション・セッション(2014年1月19日開催)のお知らせ

ダンスのためのセルフケア・レッスン開催スケジュール

ブログランキング・にほんブログ村へ 

個人セッションのご予約はこちらから


Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*
Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休
小田急鶴川駅北口より徒歩3分
〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4
         Joy of Life 鶴川 805

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...