Blissful Touch ―ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ダンサーのためのコンディショニング・サロン「ブリスフル・タッチ」公式ブログ。ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

脚の重さを感じ、腔が立つことを感じる

アンバランスな状態で動く・歩くということは

余りしないほうが良いのでしょうが

それでは生活もままならないので

どうせならと、そのアンバランスな身体や動きを

じっくり観察してみたりしています(笑)

左足首を庇って歩くために

患足を送り出すとき

健足に乗っている時間が長くなり

左脚を大腰筋でぶら下げたみたいな

足の運びになるんですね。

昨日はのんびり歩きつつ

横隔膜で脚の重さや動きを感じるなぁ…などと

身体を味わってみるのも面白かったです。

そういえば、時々セッションの中で験していただくこともあるのですが

例えば、広辞苑程度の厚みの台でもいいので(不安定ではないものを)

バーや壁など何かにつかまりながらその上に立ち

片足を宙に浮かせたような状態でユラユラも気持ちよいですし

そのときに、骨盤を前傾させてみたり

後傾させてみたりすると

その揺れが身体のどこまで繋がって感じられるかの違いが

わかり易くて面白いですよ。

やはり腔が立っている状態のとき

もっとも長い繋がりが感じられるのです。

どこかが傾く・潰れるということは、そこで分断してしまうことなんですね。

偏って使った分は

1日の終わりにセルフケア。

怪我した時は、どうしてもそこばかりが気になりますが

全身のその歪を溜めずに労わってあげることも

忘れちゃいけませんね。

守るために

余分に働いてくれた

全身の筋肉たちにも

「ごくろうさま」

身体も、心も、そして動きも

互いが支え、互いをつくっているのですね。

1382518508460

東京女子医大近くから、新宿方向を望む

「ダンスのためのセルフケア・レッスン」

Reservationsystem

(完全予約制/女性のみ)

*-----*-----*-----*-----*-----*

Blissful Touch(ブリスフル・タッチ)

営業時間 朝10:00より 最終受付20:00  不定休

小田急鶴川駅北口より徒歩3分

〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷1-8-4

         Joy of Life 鶴川 805

ブログランキング・にほんブログ村へ 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...